06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

天下一舞踏会 決勝戦Ⅱ

  : 

今日も生と死の間に、揺れてます。

201708063年2ケ月 

小島ビルの朝は早い。
階上のチャン○ロ、4時半からの騒音第一弾が始まる。私はこれを「始発電車」と呼んでいる。
引き戸、足音もさることながら、水の音もやかましい。
小島ビルのボロさはある程度書いてきたがこの建物、取水、排水の音が丸聞こえなのだw(゜o゜)w
特に取水は顕著で、全3部屋(厳密には開かずの1Fがあるので、4部屋か)どこが水を使っても、くみ上げるポンプの音が全階に響き渡る。
さらに唯一居住型であるチャン○ロの4Fは、排水の音まで立てるからたまったものではない(´Д`)
バブル時代の遺産であるとはいえ、ここまでひどい造りをそのままに、それを平気で貸してしまう管理会社は一体何なのだろうか。

6月、どうやら赤ん坊が産まれたらしい。こんな"掃き溜め"のような小島ビルで子どもを育てようというのだから、大陸の人というのは環境を意に介さないのだろうか(´Д`)
まあ私には何の恩恵もない、むしろ騒音を立てる一匹の"害虫"として忌み嫌っているのだが。
去年の3月、階上の彼らの生活サイクルが一変した。
不動産仲介の話だと、彼らは飲食店をやっているとのことだった。確かに日中、休日は二人とも家にはおらず、夜遅くに帰るという生活だった。
おそらく飲食店が頓挫したのだろう。今ではチャン男はサラリーマン的な時間の出入りで、チャン女は家にいるっぽい。
一度だけチャン女を見たことがあるのだが、これがなんとも可愛らしくて(゜∀゜)
チャン男が9時5時の何の生きがいもないサラリーマンに転向したというのであれば、こんないい女を放っておくわけにはいかないだろう。まあ自然の摂理と言ったら、それまでなのだが(^^ゞ
子どもの将来を真剣に考えるのであれば、まずは小島ビルを退去することから始めるべきだろう。



4日(金)

どうも風邪をひいたらしい(´・ω・`) 熱があるようだ。
一週間ぶりにスロットを打ちに行こうと意気込んでいた今日に限ってかよ…orz
それでも私は、オリエンタルパサージュⅣに乗り込んだのだ(`・ω・´)σ
初めて打った「ジャグラー ガールズ」。初めてといっても、ジャグラーなんてどれも似たような"モブ機"である(^_^;)
4K入れて、BB2回とRB1回。出ては飲まれを繰り返しただけで、連チャンはなかった。
小役はそれほど悪くなく、風邪をひいていなければさらに10Kを入れて勝負していただろうが、セルフのドクターストップ(^^ゞ
この無念の思いを、家での動画視聴による研鑽にぶつけた。

風邪というのは恐ろしいもので、私に将棋、囲碁、麻雀(いずれもPCorスマホ)のやる気を起こさせないw(゜o゜)w
上記の遊戯を落とした私なんて、もはや「シコシコマシーン」以外の何物でもない(゜Д゜)
体調不良に加えて、そんな罪悪感にまでさいなまれるという負のスパイラルに突入しては、生きてる甲斐も見失ってしまう。
そんな泥沼のテンションの中、この時期を書けたのは幸いである。



今まで書いてきた騒音問題、もはや我慢の限界である。このまま小島ビルに居続けることはできないと思っている。
私の人生、「3年2ケ月」の周期というのがある。具体的には思い出せないが、何かと節目なのだ。
小島ビルにやってきたのが2015年2月。つまり、2018年4月が「3年2ケ月」目にあたる。
このうってつけの節目に、小島ビルを退去したいと決意したのだ。


・・・ノー モア ヒロシマ


スポンサーサイト
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tenkaichibutoukai.blog66.fc2.com/tb.php/1479-000fabe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top