03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

天下一舞踏会 決勝戦Ⅱ

  : 

今日も生と死の間に、揺れてます。

天下一家テレビの絆 

日曜の朝は、6時半からフジテレビ「早く起きた朝は」(以下、早起き)を視聴する。
フジテレビを視聴するのは、これとサザエさんくらいのものだ。
ご存知と思うが、磯野貴理子、松居直美、森尾由美の50オーバーのおばちゃん3人が、寄せられたお便りから話を膨らませるコンセプトの30分番組。
私の記憶では、この番組が25年は続いていることと、時間帯がいろいろ変化していること。但し、日曜午前の大前提は動いていない。
私が見たと思う最初(中学生くらい?)は7時半から。そのうちに9時半に移行して、タイトルが「遅く起きた朝は」に変わったこともw(゜o゜)w
森尾氏がエアコンのCMで、「見えすぎちゃって、困る!」のキャッチフレーズを言ってた頃だ。※のちにこのCMは、「困る」のフレーズの音声が突然なくなるという(^_^;)
松居、森尾両氏をテレビで見られるのは、もはやこの番組ぐらいだろう。
そのレア感以外は、この番組内容には一切興味がない( -_-

では、なぜ私が早起きを視聴しているのか。
それは、母親が早起きを見ていたからに他ならない。

小島ビルに来て、上下階からの"圧力"に耐えかねているときに、朝6時半に早起きを見てる母親の姿が妙によみがえった。
家に連絡もしない私だが、同じ時間に同じテレビ番組を見ることで、親子の絆は今の私には十分なのだ。


国営放送で、土曜の夜8時から植木等氏の物語を小松政夫氏視点でやってるドラマがある。
このドラマを最近見出したのだが、いや~面白い( ^ω^) キャスティングなんか、今の大河と比べ物にならないほどいい。

「ひょっとしたら、親父がこのドラマを見てるかもしれない。」

正直、そう思ってしまった。
思ってしまったというのは、実家にいる頃は、親父に対してそういう感情を抱くことがなかった。
離れてみて、なんとなく家族の重要さを感じ始めたということなのか。



スポンサーサイト
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tenkaichibutoukai.blog66.fc2.com/tb.php/1495-376eb421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top