FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

天下一舞踏会 決勝戦Ⅱ

  : 

今日も生と死の間に、揺れてます。

天舞流スロット戦記 20171228 

世間での仕事納めの日、もちろん私の勤務先も例に漏れない。
私はかねてから、この日を休むと決めていた。怪物Aとの納会を拒否せんがためである。
こんなイベントだけのような、出勤日の中では一年で最もテンションがある日に該当するこの日に休むなんて、狂気の沙汰であることは十分に承知である。そしてこんな日に貴重な有給休暇を消化するなんて、いいことなんて一つもない。
それでも私は、怪物Aとの年越しは拒否したかった。そしてその日に何をしようかまで、考えていた。


蒲田メガガイアで「アナザーゴッドハーデス~奪われたZEUSver.~」(通称、ハーデス)を打つ!(`・ω・´)ゞ


前日打った「凱旋」と同系の機種。ここではゴッド系としておこう。
来年2月の法改正により、ゴッド系は真っ先に姿を消すだろうと言われている。
消えてしまう前に、同時代を生きた縁の証として、一度は打っておこうと思っていたのだ。
10Kを入れた程度では、何も起きなさそうな機種であることは知っている。だから軍資金はそれなりに必要なので、年末のようなナチュラルハイでないと私にはこなせない。
だから年末まで怪物Aが職場に居座っていたことは、パチスロ三昧な今の私に都合がよかったのだ(;´▽`)
おしまいまで奇怪な一年となった。



朝は上野の喫茶店「ぶるっくす」でモーニング。私が仕事納めの日にここに来るというのはかなり奇特で、贅沢である。ぶるっくすは朝の常連さんが多く、私が入店した9時過ぎには、店を出る客とマスターとの年末の挨拶が二三交わされていた。
こんな年末が濃くにじんだ日だというのに、私はこの後何をしようとしているのか(^_^;)

蒲田に到着し、店舗に入店。まっすぐにハーデスの角台に座った。
覚悟していた通り、まったく当たらない(゜Д゜)
当たらないだけならまだしも、演出やステージチェンジにすら全く期待できない。ただ回転数だけは、何となくだが納得できる回数だった。
あっという間に大3枚目が入った( -_-
最初で最後という覚悟がなければ、こんな"暴挙"には及べない。日常のようにこれをやっている人が、パチスロの勝ち組なのだろうか。
3枚目までは仕方がないと思ってはいたが、いざそれを実行すると、なんとも虚しかった。虚しいという感情だけで右手でコインを鷲掴み、指先にまとめたコインを筐体に流し込む。左手でレバーを叩いて、その手で左から順にボタンを3つ押していく。
何も期待のない虚しい感情のまま、一連の動作を続けていた23K目に、それは起きた。
アニメの一場面でテレビを切ったときの「プツンッ!」という映像が、目の前の画面で起こった。

天「こ、これは~~…!!?(゜Д゜)」


  ゴッド_初期画面


左から順に、ただボタンを押していく。
GOD当選!!ヽ(´▽`)/


  ゴッド揃い


これを見るがために、みんなこれを打っているのだ。
ビギナーズラックだけで、こんなものを引いてしまったのか。

そこから2時間半は、ただATをこなしていくだけだった。左手でムダにスナップをきかし、もう"どやもん"でレバーを叩いていた(^^ゞ
ひたすらレバーを叩いてはコインの整理。スロットの醍醐味なのかもしれないが、私はどうも苦手である。
いっぱい出た人用の積み台を店員に用意してもらった。まさか自分がこれを使う日が、年内に来るとは。

GODで5連をこなすうちに、1回の当選を追加。計6連を味わうことができた。
「まだボーナスがあるのかな?」と思って、"どやもん"で叩いていたが、いつの間にかクレジット表示が減る一方になっていた。
上を見ると、ゲーム回数が増えている。連チャンの終わった感触が全くなかったのだ。首都高で料金所のないJCTを降りる感覚に似ているだろうか。ここまで出したら、もう次の当たりなんて期待していなかったので、コインMAXでやめられなかったのを悔しく思った。
だが乗りかかった船である。仕方ないので次の当たりを目指すべく、続行してみた。時間はたっぷりあるので、当たれば儲けものなのは間違いない。
だが案の定、2時間半前同様の期待できない挙動しか起きてこない。箱8分目くらいあったコインはあっさり無くなり即止め。低設定としか思えないこの台をやめるのは、簡単だった。
回収4,480枚。85KとオロナミンC1本の大釣果となった。しかし遊戯自体は、GOD当選以外の見どころがなく、不完全燃焼であった。


ちなみにだが、ゴッド系と同じAT機で、「沖ドキ」という台がある。
沖ドキは私の大好きなハナハナと同じ30パイ仕様。沖ドキの最大の特徴は、天国(連荘する)モードに入ると、なんと32G以内に当たり続けるというもの!
ジャグラーはじめ、連チャンというのは100G以内くらいで次のボーナスが来ることを指しているが、その3分の1くらいで当たり続けるというのだからたまらない(^O^)

スロットを打ち始めた7月。先の"32G連"の知識だけを携えて、キコーナ蒲田店にて25パイの沖ドキを打った。
コインを買って1回分の3枚を入れ、レバーを叩いたところ、なんとボーナス当選を知らせる花が光ったのだ!w(゜o゜)w そこから怒涛の15連チャン!(゜∀゜)
連チャン抜けて140Gほどで止め。初めて1,000枚を超える、1,700枚ほどを回収するという、ビギナーズラック以外の何物でもない経験をした。
普通は気をよくして沖ドキにハマりそうなものだろうけど、そうはなっていない今がある。
ひとつは、こんなうま過ぎる経験をしてしまっては、もう二度と勝てない気がすること。
もう一つは先のゲーム性。「天国に入らない場合、おっそろしく当たらないんじゃないのか?(゜Д゜)」、という懸念が。
御徒町のオリパサⅣに「沖ドキ トロピカル」(通称、沖トロ)があったから多少は打ってみたが、やはりいいことはなかったorz 先の"偏見"はより一層強くなり、沖ドキ系に触ることはなくなった。

ゴッド系と沖ドキ系。どちらが面白いかと聞かれたら、私は断然ゴッド系推しである!(`・ω・´)σ
GODの爆発力たるや、沖ドキの天国モードとは一線を画している(゜∀゜)
これ以外のAT機は私の眼中になく、ゴッドを打たないって言ってるんだから沖ドキも打たない。



GOD当選にしては意外と早く終わってしまったので、おととしまで職場で同じだったいっしー氏と蒲田西口で落ち合うことができた。いっしー氏は奇しくも、今の職場が京急蒲田なのだw(゜o゜)w
昨年とまったく同様の組み合わせをもって、昨年同様の店で回転ずしをつまんだ。
かつて今の私の職場で所払いを食ったいっしー氏がまだこんなにも元気なことは喜ばしく、またこんな生意気な私の相手をしてくれるのはありがたい。
こんな爆益をたたき出せたとしても、会社員をやってる限り、仕事納めの日に休むのは二度と御免である。


・・・もうこんなに当たることもないだろうから、スロットなんてやめちゃえばいいのに(゜Д゜)
自分で自分にそう言いたい。行く時間と気持ちさえなくなればいいのだが。


スポンサーサイト
勝率1割  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tenkaichibutoukai.blog66.fc2.com/tb.php/1508-459f20de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top