06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

天下一舞踏会 決勝戦Ⅱ

  : 

今日も生と死の間に、揺れてます。

ぶらり途中下車の旅 3代目ナレーターへの交渉 

小日向文世さんが日テレ「ぶらり途中下車の旅」の正式なナレーターとなって、3年目に入るだろうか。
先代ナレーターの二人は、やむを得ない理由でナレーターを降板された。
製作側が3代目に抜擢した小日向さんへの期待が大きいことは、想像に難くないだろう。



番組プロデューサー(以下、P)「お忙しいところわざわざお越しいただき、申し訳ありません。この件につきましては、どうしても小日向さんご本人にお話ししなくてはならないと思いまして。」

小日向文世(以下、文)「いえいえ。私もこの番組が好きで、ほとんど見てますんで。今回のお話をいただいて、大変光栄に思いました。よろしくお願いします。」

P「ああ、ありがとうございます!そう言っていただけると、我々も小日向さんにお願いした甲斐がありました。」

そういうとプロデューサーはじめ、3名の製作側が小日向に頭を下げた。
それを見た小日向とマネージャーも、合わせてお辞儀をした。

P「そこまでご理解をいただいている小日向さんに、これ以上言うのは大変失礼かもしれませんけど。この件につきましては、どうしても我々の想いをお伝えする必要があると思いますので、どうかお聞き願います。」

プロデューサーのあまりの真剣さに、小日向は前に身を乗り出した。

P「小日向さんにはこの番組を見ていただいているとのことで、今までのナレーターの経緯もご存知かと思いますが、改めて振り返らせていただきます。
まずは初代の滝口順平さん。滝口さんのナレーターがなければこの番組を作ることがなかったと、草創の製作者から聞いています。無論我々の代になっても、滝口さんを代えるつもりはありませんでした。ですがご存知のように、滝口さんは亡くなってしまいました。この番組が長く続いているのはありがたかったのですが、滝口さんがいないのに番組を続けられるかどうか、と。本当に悩みました。ですがこれもありがたいことに、視聴率が大変にいいということもあって、局からは続投を命じられました。
そして次にお願いしたのが藤村俊二さんでした。藤村さんになってからも好評でした。ですが突然、藤村さんが芸能界の引退を発表しました。
藤村さんのようなことがあるというのは、我々も予想ができませんでしたので。次のナレーターの方には、そのような途中で投げ出されるようなことがあってはいけないと思いまして、今回、小日向さんにこうして我々の覚悟を知っていただきたいと思い、この場を設けさせていただきました。」

テーブルの上に両手を組み、プロデューサーの話を神妙な面持ちで聞いていた小日向が答えた。

文「お話いただいて、ありがとうございます。そうですよね。滝口さんのナレーションが、この番組のイメージそのものだったのは私も正直なところでしたんで。そんな真剣な想いで私を選んでいただいたというのは、これほどうれしいことはありません。」

小日向はペットボトルの水を口に含み、続けた。

文「私の意思で辞めることがないことはお約束します、間違いなく。まあこの番組の人気からして、私が芸能界に居られる時間よりも長く続くのは間違いないと思いますけど。そうなったときは申し訳ないですが。まあその前には、交代させられてるでしょうけど。」

にやっと、いたずらに微笑む小日向に対して、プロデューサー側の3名はいやいやと、小日向の謙遜を打ち消しながら、ほっとした表情になった。



番組で「旅人」になったことはない(はず)小日向氏が、ナレーターに抜擢されたのは、当時正直意外だった。
今回の話の流れはそのときにすぐに思い浮かんだ。
2年余りの時を超えて、今回書き切ることができたのは、我ながら喜ばしい。



スポンサーサイト
思想戦  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tenkaichibutoukai.blog66.fc2.com/tb.php/1520-8c7b8a5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top