03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

天下一舞踏会 決勝戦Ⅱ

  : 

今日も生と死の間に、揺れてます。

天舞式自殺防止論(※成人向け) 

自殺したい理由とは、いったい何だろうか。
自分以外の環境のせいだろうか。例えば人間関係とか。「"あいつ"さえいなければ(゜Д゜)」なんて。
"あいつ"がいない場面。例えば家に居る分には幸せだったら、その人は自殺しない可能性が高い。私も10歳ちょっとまではそうだった。いわゆる内弁慶で、家族といるのが楽しかった。
今となってはもはや、家族なんて煩わしい。もっとも面倒な人間関係だ。
もう私にとっての"あいつ"はいない。替わりに家族を失ったというところだろう。

現時点で、私は「死んだ方がマシ」という心境である。
"あいつ"もいなければ、煩わしい家族もいない。にもかかわらず、だ。
つまり、環境が整っていても、自殺を考える人はいるんだということだ。
生命は常に死と隣り合わせている。生と死は表裏一体である。なのにヒトは思考することで、普段目に見えない死の方にあこがれを抱き、自ら命を絶ってしまう。

本当に自殺を考えていて、とりあえず明日暮らすだけの金銭を所持しているなら、
私はパチンコ、スロットをオススメしたい!( ^ω^)

死ぬ前に一度、スロットだったら万枚出る可能性を目指して、ゴッドとかのAT機を打ってみる。所持金全部負けたら、きれいさっぱり死ねるだろう。
だけどスロットは偉いもので、全財産ほどつぎ込んだら飲み込まれる前に必ず当たる!(`・ω・´)σ
当たるということは、打つ時間が延びる、すなわち寿命が延びるということ。
延びた時間で、何か考えが変わるかもしれない。
これはスロットを打ってなければ、決して思いつかない考え方だった。自分で言うのもおかしいが、私はこの論に救われ、なんとか2018年を迎えられた。

・・・命をつないだスロットにも、いよいよ飽きてきた私。果たして来年を迎えることができるのだろうか(´・ω・`)


スポンサーサイト
バカパク  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tenkaichibutoukai.blog66.fc2.com/tb.php/1524-5a7ad2a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top